研修実施機関概要の確認

研修実績

日本ドラッグチェーン会では、これまでにも薬剤師及び登録販売者のために、集合研修やeラーニング講座の開講などを手がけ、その資質向上に努めてまいりました。2012年度からは、「登録販売者 外部研修」を実施、全国47都道府県において多数の集合研修の開催実績がございます。以下に、主なものをご紹介します。

2013年度 登録販売者 外部研修(集合研修)

使用教材 独自テキスト教材
生理学の基礎「神経系」「内分泌系(ホルモン)」
一般用医薬品の基礎「解熱鎮痛薬」「乗り物酔い防止薬」「害虫駆除」「更年期障害」「漢方」
「薬事関連情報・安全対策」
講師 弊社講師認定部会(部会長/日本くすり教育研究所 代表 加藤哲太先生)により認定された認定講師
開催実績 計652回開催(延べ受講席数: 41,712席) ※共同開催実績

2012年度 登録販売者 外部研修(集合研修)

使用教材 独自テキスト教材
生理学の基礎「循環器系」「免疫系」
一般用医薬品の基礎「かぜ」「胃腸のトラブルと胃腸薬」「鼻炎・花粉症」「生活習慣病」
「薬事関連情報・安全対策」
講師 弊社講師認定部会(部会長/日本くすり教育研究所 代表 加藤哲太先生)により認定された認定講師
開催実績 計493回開催(延べ受講席数: 29,102席) ※共同開催実績

薬剤師向け集合研修の実績

2007年10月から「薬剤師セミナー」を開催しております。
これは、認定薬剤師制度の受講シール対象のセミナーとして開かれる終日の集合研修で、(財)日本薬剤師研修センター・理事長名で受講単位請求が受理(受理書、受講シール)されています。

eラーニングの実績

以下のような通信講座を開いています。

「登録販売者 ステップアップ講座」

(2010年12月~)

※「登録販売者 外部研修」の対象講座

登録販売者 ステップアップ講座

主に第2類・第3類医薬品を中心とした適正使用情報(使用上の注意等)の解説教材、法令に基づく相談応需のシミュレーション教材、類似製品の使用上の注意比較解説教材、最新の薬事・安全情報(使用上の注意改訂、リスク区分変更等)、その他、法令に基づく登録販売者の職務解説教材、代表的な副作用の解説教材、『登録販売者試験問題作成に関する手引き』を基にした教材などの基礎教材ほか。

「OTC薬剤師講座」

(2010年12月~)

OTC薬剤師講座

主に第1類医薬品を中心とした適正使用情報(使用上の注意等)の解説教材、法令に基づく情報提供のシミュレーション教材、類似製品の使用上の注意比較解説教材、最新の薬事・安全情報(新規成分の承認、使用上の注意改訂、リスク区分変更等)、その他、法令に基づく薬剤師の職務解説教材、代表的な副作用の解説教材などの基礎教材ほか。

実施体制

専門性、公正性、客観性、透明性の確保

研修は、集合研修、eラーニングともに、当会の加盟企業様以外にも広く門戸を開き、希望される企業様所属の登録販売者が受講できる、「一般公開研修」を設けます。

教材も含めて研修内容については、集合研修、eラーニングともに、日本くすり教育研究所 代表 加藤哲太 先生(元東京薬科大学 薬学部 教授)の監修を受けます。また、消費者団体関係者様(全国消費者団体連絡会 事務局長)を交えた意見交換会を開催し、学識者、消費者のそれぞれの意見をとり入れ、適宜、学習教材や研修内容等の改善を行ってまいります。

外部研修の実施方法や研修日程、費用、実績など、必要と考えられ、かつ公表しても差し支えないと考えられる情報は、すべて当ホームページにて公表いたします。

研修参加者、研修内容、修了証明交付、開催実績、受講情報(単位取得情報)等の情報は、最低6年間、電子データとして記録・保存いたします。