外部研修について

「登録販売者・スキルアップ研修」は、厚生労働省の「外部研修に関するガイドライン」に対応したプログラムとなっております。

「ガイドライン」に示された7項目

日本ドラッグチェーン会(業務委託先:ネットパイロティング株式会社)が主宰する「登録販売者・スキルアップ研修」の集合研修、eラーニングの研修内容には、厚生労働省によって示された「外部研修に関するガイドライン」にあげられた下記の7項目をすべて含んでおります。

  1. ①医薬品に共通する特性と基本的な知識
  2. ②人体の働きと医薬品
  3. ③主な一般用医薬品とその作用
  4. ④薬事に関する法規と制度
  5. ⑤一般用医薬品の適正使用と安全対策(以上は『登録販売者試験問題作成に関する手引き』(厚生労働省)に記載されている内容)
  6. ⑥リスク区分等の変更があった医薬品
  7. ⑦その他登録販売者として求められる理念、倫理、関連法規等

集合研修とeラーニング

日本ドラッグチェーン会が主宰する「登録販売者・スキルアップ研修」は、「集合研修(講義)」だけでなく、「eラーニング」を組み合わせて、定期的かつ継続的に資質向上を果たせるよう、質の高い研修を実現しています。

毎年最低1回(6時間)の集合研修

集合研修では、「ガイドライン」に示された7項目について、当社に認定された講師が、教材テキストだけでなく動画を効果的に用いて、わかりやすい講義を行います。これにより、講師による講義内容のばらつきが抑えられ、講義の水準が一定に保たれるようになっています。

月次のeラーニング(毎月30分相当)

eラーニングでは、最新知識及びその関連知識の習得を目的として、月次で学習内容を更新します。eラーニングに掲載する教材は、新規製剤の使用上の注意解説、薬事・安全情報解説など、最新の情報をもとにした教材のほか、復習・参照用に『登録販売者試験問題作成に関する手引き』(厚生労働省)の内容をもとにした教材、主な指定第2類医薬品の使用上の注意解説、登録販売者の職務に関する教材など、多岐にわたる教材を掲載します。