集合研修+補完でeラーニング

集合研修+補完でeラーニング

日本ドラッグチェーン会が主宰する「登録販売者・スキルアップ研修」は、「集合研修(講義)」だけでなく、「eラーニング」を組み合わせて、定期的かつ継続的に資質向上を果たせるよう、質の高い研修を実現します。

集合研修

集合研修では、「ガイドライン」に示された7項目について、当会に認定された講師が、教材テキストだけでなく動画を効果的に用いて、わかりやすい講義を行います。これにより、講師による講義内容のばらつきが抑えられ、講義の水準が一定に保たれるようになっています。

eラーニング

eラーニングでは、最新知識及びその関連知識の習得を目的として、月次で学習内容を更新します。eラーニングに掲載する教材は、新規製剤の使用上の注意解説、薬事・安全情報解説など、最新の情報をもとにした教材のほか、復習・参照用に『登録販売者試験問題作成に関する手引き』(厚生労働省)の内容をもとにした教材、主な指定第2類医薬品の使用上の注意解説、登録販売者の職務に関する教材など、多岐にわたる教材を掲載します。

修了認定及び修了証の交付について

集合研修とeラーニングそれぞれの修了認定は、以下のようになります。

集合研修

集合研修では、研修参加者に対して、研修会場で参加受付時に受講券を配布します。講義の最後に確認テストを実施し、講義終了時に受講券の半券(参加者側)を、捺印したうえで受講者に渡し、参加証明とします。なお、受講券の半券(実施側)は、事務局にて回収し、Webシステム上で受講実績を単位として電子的に管理します。また、12時間の修了証明書(電子データ)は、集合研修で4単位以上取得(6時間以上)、全体で8単位以上取得(12時間以上)した受講者に交付します。

なお、修了証明書については、各事業者様にて印刷の上、店舗等で管理し、行政機関の求めに応じて提示できるようにしてください。

eラーニング

eラーニングは、集合研修の補完として必要な4単位分(6時間相当)の教材閲覧のうえ、Web上で年4回の受講証明テスト(複数回受験可能)を受けていただき、それぞれで満点を取得した受講者に最大4単位を交付します。