eラーニング研修について

実施概要

eラーニングは、最新知識及びその関連知識の習得を目的として、月次で学習内容を更新します。eラーニングに掲載する教材は、新規製剤の使用上の注意解説(してはいけないこと、相談することの意味の解説等)、関連する類似製剤の添付文書記載事項の比較解説、薬事・安全情報解説など、最新の情報をもとにした教材のほか、復習・参照用に『登録販売者試験問題作成に関する手引き』(厚生労働省)の内容をもとにした教材、主な指定第2類医薬品の使用上の注意解説、登録販売者の職務に関する教材など、多岐にわたる教材を掲載します。

1.毎月学習

毎月、最新情報を基にした教材を掲載
(学習時間想定:毎月30分前後)、3月末までに6時間相当の教材閲覧

2.受講確認

 

3.単位交付

毎月の「必須確認情報」等の教材を閲覧(3月末までに6時間相当)のうえ、年4回の「受講証明テスト」で各満点を獲得した受講者を対象に、4単位を交付(受講証明として)。年4回の「受講証明テスト」で各回満点獲得、四半期ごとの「受講証明テスト」(複数回受験可)の実施

研修内容

eラーニング研修の内容は、「最新情報をもとにした教材」と「集合研修の復習等に役立つ教材」の大きく2つに分けられます。
「最新情報をもとにした教材」では、「新規製剤等の適正使用情報確認」「相談応需スキルアップ」「最新情報解説」を、「集合研修の復習等に役立つ教材」では、「医薬品相談応需学習」「基礎学習」「過去情報」のように、幅広く、実際の店頭での情報提供に役立つ知識を学習できます。もちろん、「外部研修に関するガイドライン」で示された7つの項目をすべて含んでいます。

最新情報を基にした教材(月次更新)、集合研修の復習等に役立つ教材

教材サンプル

以下はeラーニング教材の一例です。

新規製剤の使用上の注意解説、最新の薬事情報解説、登録販売者関連法規解説、法令に基づく相談応需解説